牧師を呼ぶ

信徒が危篤状態になったらまだ息のあるうちに家族が牧師を呼びます。牧師が臨終に間に合わなかった祭は、遺体はそのままにして牧師を待ちます。

閉じる

終油(病者の秘蹟)

罪の許しを請い神の恵みを受けるための儀式です。神父は秘蹟の言葉を唱えながら病人の額と両手に塗油し、臨席者一同で主の祈りを捧げます。臨終を迎えたら神父は罪の許しを与えて祝福を授けますが、神父が臨終に間に合わなかったときは、遺体はそのままで神父を待ちます。

閉じる

 

死亡届(死亡診断書)

死亡診断書は死亡を確認した医師によって発行されるものです。役所への提出は発行後7日以内です。書類は死亡届と死亡診断者で左右1枚という形になっています。葬儀業者に葬儀を依頼した場合は、業者が代行する場合が多いです。

閉じる

関係者への死亡通知

死亡連絡は親戚や友人になるべく早く知らせるようにします。勤務先には葬儀の日程などが決まり次第、知らせるようにします。町内会などで世話役が選出される場合はそちらの方への連絡は急ぐようにします。また、菩提寺がある場合は、早急に僧侶に連絡をして葬儀の日程を相談します。電話での連絡がつかない場合は電報を利用します。その場合、緊急定文電報が便利です。

閉じる

葬儀社への連絡

病院で亡くなった場合、病室で医師による処置が行われ遺体は霊安室へ搬送されます。霊安室には病院の契約葬儀社が待機している場合が多いのですが、既に予定している葬祭業者がある場合は早急に連絡を取り自宅までの搬送の手配を依頼します。特に葬祭業者を決めていない場合は病院側の葬祭業者が請け負うような形になるケースが多く見られますが、搬送のみ依頼し、葬儀は別の業者へ依頼することもできます。あくまでも葬儀社を決定するのは葬家側になります。 葬儀費用は業者によって様々なので金銭的なトラブルを避けるため、まずは予算と希望を告げて見積もりを出してもらいましょう。書類の内容をよく確認し納得した上で決めるようにしましょう。

閉じる

納 棺

神父を呼び近親者一同で賛美歌を斉唱した後、神父の納棺の言葉を受けて遺体を棺に納めます。納棺時に遺体の両手を胸の上で組ませ、故人愛用の十字架やロザリオを持たせます。遺体の周囲は白い花で埋め、棺を黒布で覆い十字架を上に乗せます。

閉じる

通夜のつどい

遺体を安置した小机に遺影、十字架、聖水などを飾ります。神父と遺族、参列者が着席し、神父の聖書朗読、説教が終わったら献花を行います。

閉じる

茶菓によるもてなし

通夜ぶるまいの慣習はありませんが茶菓や食事で参列者をもてなし、故人を偲ぶことも多いようです。

閉じる

葬儀ミサ


キリスト教式(カトリック)の葬儀は一般的に以下のような流れになります。
 

閉じる

火 葬

棺の上に十字架や花を飾り、牧師による祈りの後、一同で棺を囲んで、賛美歌を斉唱します。

閉じる

骨上げ

火葬が終了すると一同かまどの前に集まり箸で2人1組で一緒に1つの骨をはさんで骨壺に納めます。箸で渡すのは「橋渡し」に通じ、死者が三途の川を渡る助けをして上げるのだといいます。

閉じる

追悼ミサ

カトリックでは亡くなった日から3日目、7日目、30日目、1年目に追悼ミサを行いますが、最近では3日目、7日目は省略される場合が多いようです。
毎年、召天記念日(命日)には「死者記念のミサ」を行います。10年目、20年目に盛大に行うことが多いようです。普通、追悼ミサは教会で行われます。

 

閉じる


納 骨

納骨は7日目か1ヶ月目の追悼ミサに行う場合が多いようです。。

 

閉じる

 

 

Copyright 2000(c) (有)ゆうあいサービス Allright Reserved.