末期の水

末期の水は息を引き取る間際に肉親が水で唇を浸してあげることですが、その人の最後の水であるとともにこの水で生き返って欲しいと願う気持ちも含まれているようです。また、死後の世界で渇きの苦しみから救われるようにという願いも含まれているといいます。割り箸の先に脱脂綿を巻いたものや新しい筆の先を茶碗の水に浸し、故人の唇を軽く湿すようにします。血縁の濃い順に行います。

閉じる

湯 灌

たらいの水に湯を足してぬるま湯を作り遺体を拭き清めることが本来の「湯灌」でした。現在はエンバーミング(遺体衛生保全処置)を専門業者へ依頼する方も増えています。遺体の洗浄、消毒、防腐処置から化粧、衣服の改めまで幅広く対応しています。

閉じる

死化粧

男性の場合はひげを剃り、女性の場合は口紅を塗ったりして薄く化粧をします。きれいな姿であの世へ旅立たせてあげたいという気持ちを込めて行うものです。

閉じる

死亡届(死亡診断書)

死亡診断書は死亡を確認した医師によって発行されるものです。役所への提出は発行後7日以内です。書類は死亡届と死亡診断者で左右1枚という形になっています。葬儀業者に葬儀を依頼した場合は、業者が代行する場合が多いです。

閉じる

関係者への死亡通知

死亡連絡は親戚や友人になるべく早く知らせるようにします。勤務先には葬儀の日程などが決まり次第、知らせるようにします。町内会などで世話役が選出される場合はそちらの方への連絡は急ぐようにします。また、菩提寺がある場合は、早急に僧侶に連絡をして葬儀の日程を相談します。電話での連絡がつかない場合は電報を利用します。その場合、緊急定文電報が便利です。

閉じる

葬儀社への連絡

病院で亡くなった場合、病室で医師による処置が行われ遺体は霊安室へ搬送されます。霊安室には病院の契約葬儀社が待機している場合が多いのですが、既に予定している葬祭業者がある場合は早急に連絡を取り自宅までの搬送の手配を依頼します。特に葬祭業者を決めていない場合は病院側の葬祭業者が請け負うような形になるケースが多く見られますが、搬送のみ依頼し、葬儀は別の業者へ依頼することもできます。あくまでも葬儀社を決定するのは葬家側になります。 葬儀費用は業者によって様々なので金銭的なトラブルを避けるため、まずは予算と希望を告げて見積もりを出してもらいましょう。書類の内容をよく確認し納得した上で決めるようにしましょう。

閉じる

神官への連絡

死亡連絡で伝える内容は 死亡日時と要因、享年、通夜祭・葬場祭の日程 です。

閉じる

死装束を着せる

死装束は死出の旅へ出かけるための装束で現在は葬儀社が用意してきます。 本来の死装束は木綿や麻の白の単(帷子)を玉止めなしにぬったきものを着せ、こはぜをとった白足袋を左右逆に履かせ、三途の川の渡し賃といわれる六文銭を入れた頭陀袋を首から下げて、手には数珠を持たせました。それは、仏教では死者は仏の世界に生まれ変わるまでの四十九日間ひとりで歩いていくといわれているためで、手甲、脚絆などをつけるのも死出の旅に立たせるためです。

閉じる

遺体の安置

部屋を片づけなるべく薄い布団(腐敗を防ぐため)に白いシーツをかけ北を枕にして寝かせ、薄い掛け布団を襟の方を裾にしてかけます。間取りの関係で北枕が無理な場合は西に枕を置きます。
※ お釈迦様がインドで入寂のとき、沙羅の木の下で頭を北に、顔を西に向け、右わきを下の姿勢であったというところからきたものです。

閉じる


帰幽奉告の儀

遺体を安置したら神棚と先祖の霊を祭る祖霊舎(仏式の仏壇にあたるもの)に死亡の奉告をします。その後どちらも扉を閉め、白紙を貼って封じます。
神道では、遺族、親族は忌明けまで神社に入らないしきたりなので、もし故人が生前に信仰していた神社があれば、代わりの人に出向いてもらい死亡を奉告。さらに神官が神に奉告します。これを「帰幽奉告の儀」と呼びます。

閉じる

枕直しの儀

枕飾りがすんだら神官を招いて枕直しの儀(仏式のまくらづとめにあたる)を行いますが、現在では身内だけで拝礼することがほとんどです。

閉じる

納棺の儀

遺体を棺に収める儀式です。正式には神官が立ち会いますが、最近は、葬儀社の方の手を借りて身内で行うことが多くなっています。

閉じる

柩前日供の儀

納棺から出棺までの毎日、朝夕二回、常饌を供え、親族が拝礼する儀式です。

閉じる

通夜際

仏式の通夜にあたるもの。参列者全員が席に着いたら手水の儀を行います。斎主が祭詞を唱えて一拝。
この間参列者は深く頭を下げるようにします。誄歌の後、喪主から血の濃い順に玉串奉奠を行います。
*手水(ちょうず)の儀
水で手と口を洗い清める神式独自の儀式。祭儀の前には、全員が必ず行う
*玉串奉奠
仏式の焼香にあたる儀式 。

閉じる

遷霊祭

故人の魂を遺体から霊璽(位牌にあたるもの)に移す儀式。
部屋の明かりをすべて消して、暗闇の中で行います。

閉じる

直 会

仏式と同じように参列者を酒や食事でもてなして故人を偲びます。食べ物は肉や魚でもかまいませんが、火を使うことを忌むため、通常、仕出しなどの料理を用意します。

閉じる

葬場祭

仏式の葬儀・告別式にあたるのが葬場祭です。一般的に以下のような流れになります。

閉じる

出棺祭

仏式と同様に生花をで最後のお別れをします。棺のふたを閉め喪主からくぎ打ちを行います。

閉じる

火葬祭

棺をかまどの前に安置して、葬場から持ってきた銘旗や生花を祀ります。一同手水の後、斎主は祭詞を奏上し玉串奉奠をします。仏式と同じように骨上げをして帰宅となります。

閉じる

後祓いの儀

手水の後火葬場へ同行しなかった神職者が仮霊舎や家の内外、一同を祓い清めます。人の身に起きたすべての汚れを祓い清めるという趣旨にのっとったものです。

閉じる

骨上げ

火葬が終了すると一同かまどの前に集まり箸で2人1組で一緒に1つの骨をはさんで骨壺に納めます。箸で渡すのは「橋渡し」に通じ、死者が三途の川を渡る助けをして上げるのだといいます。

閉じる

帰家祭

一同が家に帰ってくると、まず門口で修祓の係員がお祓いをして清め、それから塩をまいて家の中に入り、祭壇前に着席し、喪主が遺骨を壇の中央に安置し、葬儀の終わったことを霊前に告げる儀式。

閉じる

直 会

仏式と同じように参列者を酒や食事でもてなして故人を偲びます。食べ物は肉や魚でもかまいませんが、火を使うことを忌むため、通常、仕出しなどの料理を用意します。

閉じる

霊 祭

神式では10日目ごとに仏式の法要にあたる「霊祭」を行います。葬儀の翌日に行う「翌日祭」は現在ではほとんど行われず、十日祭、二十日祭と続き、五十日祭まであります。しかし二十日祭と四十日祭は省略されることが多いです。
五十日祭は忌明けにあたる大切な霊祭です。遺族、親族、友人などが墓前に集まり、玉技師奉奠などを行います。
この五十日祭の後は、百日祭になります。これも五十日祭と同様に重要な霊祭とされています。百日祭までの霊祭は墓前でおこなわれるので、墓前祭とも呼ばれています。百日祭からの次の一年祭からは自宅で行います。その後、二年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続き、五十年祭までは10年ごとに行われます。なかでも一年祭、三年祭、五年祭、十年祭は盛大に行うのが一般的です。

閉じる

納 骨

納骨は一般的には毎十日祭の都合の良い日に行います。

閉じる

 

 

Copyright 2000(c) (有)ゆうあいサービス Allright Reserved.